BMXとスケートボードのビッグコンテスト「ARK LEAGUE」開幕

byHidden Champion

ARK-LEAGUE-2017
 
BMXフラットランドの世界大会として2013年に神戸でスタートした「FLAT ARK」が、5年目を迎える今年からスケートボードの世界大会「SKATE ARK」を加えたエクストリーム世界大会「ARK LEAGUE」として新たな門出を迎える。

 

会場となる神戸メリケンパークは、主宰選手であるBMXライダー内野洋平の出身地でもあり、「ライダーによるライダーのためのコンテスト」という彼が掲げるコンセプトを反映するために選ばれた場所だ。そして今年はそこに、日本スケートボード界を牽引する若手スケートボーダー瀬尻稜を「SKATE ARK」のプロデューサーに迎え、彼がデザインした50mにも及ぶ世界規模の巨大スケートパークが特設される。“ホンモノが創る、ホンモノを魅せる大会”というスローガンが掲げられているのだが、まさに世界中で戦い続けている両名の経験が活かされた内容での開催といえるだろう。
 
Arkleague_Park
 
さらに注目すべきは優勝賞金だ。なんと世界トップクラスともいえる総額1200万円が用意されているのだ。もちろんこの規模は、これまでの日本のBMXシーンやスケートボードシーンでは前例の無い金額であるのは言うまでもない。2020年の東京オリンピックでスケートボードが追加種目となったことからも分かるように、この金額はそれだけ彼らに注目が集まっている証明だといえる。
 
開催日程は、11月3日(金)、4日(土)、5日(日)の3日間。神戸のシンボルとして知られるポートタワーの麓にあるメリケンパークが、世界が注目する大きな盛り上がりを見せてくれることだろう。世界中から参加するライダーやタイムテーブルなどの詳細はオフィシャルサイトでチェックして欲しい。
 

9 Shares
share tweet

LATEST NEWS

Hidden Champion Hidden Champion Hidden Champion Hidden Champion Yuta Sasaki Hidden Champion