テーマは「P-FUNK」日米アーティスト40組の作品が渋谷NOS ORGに集結!

byYuta Sasaki


 

George Clinton率いる2つのバンド、パーラメント(Parliament)とファンカデリック(Funkadelic)を中心に、70年代から80年代にかけて一大ムーブメントを巻き起こし、現在もアメリカのミュージックシーンに多大な影響を与え続けている音楽ジャンル「P-Funk」をテーマに日米40組のアーティストが参加するアートショー“The Mothership Returns To Tokyo / Parliament-Funkadelic Tribute Art Show”が、今年でオープン6周年迎えるNOS ORGのアニバーサリーと併せて、11月28日(月)~12月30日(金)の会期で開催される。

 

ジョージ・クリントン(George Clinton)自身が手がけた作品の他、Parliamentの「Motor Booty Affair」のジャケットで知られるP-Funk専属のアートディレクター、Overton Loydの作品や、Funkadelic『Uncle Jam Wants You』のジャケットを手がけたフォトグラファー、Diem Jonesが70年代に撮影した写真など、日本では初公開となる貴重な作品も多数含まれている。今夏、ロサンゼルスにて展示された20組のアーティストの作品に加えて、新たに日本から20組のアーティストが参加。今の日本のアートシーン、ストリートカルチャーシーンを代表する彼らが、どのようなスタイルで「P-Funk」をテーマに作品を制作するのか期待が高まる。

 
オープニングレセプションパーティー: 11月29日(火)、11月30日(水) 共に18:00pm~Midnight

※展示作品は一部を除いて購入可能。アメリカ人参加アーティストの作品の展示は1週間限定(12月4日(日)まで)となっているので、気になった方は早めにチェックしに行こう。

名称 :
The Mothership Returns To Tokyo / Parliament-Funkadelic Tribute Art Show
会期 :
2016年11月28日 - 2016年12月30日
時間 :
月~木曜日 18~2時、金~土曜日 18~5時 / 日曜日・祝祭日 17~23時
場所 :
NOS ORG 渋谷
住所 :
東京都渋谷区宇田川町4-3ホテルユニゾB1F
電話番号 :
03-5459-1717
入場料 :
入場無料(NOS ORGは飲食店のため、ご来場の際は必ず1オーダー以上のご注文が必要)
155 Shares
share tweet

LATEST NEWS

Hidenori Matsuoka Kentaro. H Yuta Sasaki Yuta Sasaki Kentaro. H Kentaro. H